« キューバから来日!若手デュオ長期公演 | トップページ | ペルネット fromコロンビア、東京公演いよいよ間もなく! »

2012.08.04

ドン・オマール「ニュー・ジェネレーション」リリース!

しばらく大人しかったレゲトン界ですが・・・

久々にレゲトンの歌詞対訳をしました!

レゲトン界の“ドン”、ドン・オマールの新譜「ニュー・ジェネレーション」です!
Ca3c1006

レゲトンって非常にエゲつない内容が多いので、歌詞を訳しているって口外するのが恥ずかしいのですが・・・

でも一時期のレゲトンが最高にアツかった時代よりも、ちょっとメロウなナンバーなども収録されるようになってきた最近の歌詞は、ちょっとサルサ系のロマンティックな物も増えてきたような気がします。

そうそう、最近はレゲトン歌手たちもバチャータやってるんです。

11曲目「ラ・ジャベ・デ・ミ・コラソン」ではバチャータ・アーティストのユネル・クルスと組み、完璧なバチャータが収録されてるし!

8曲目「フロール・デ・カンポ」もスローな愛の歌だし。

でもこのアルバムで一番のブレイク・ナンバーはやっぱり「ダンサ・クドゥーロ」じゃないですかね。
映画『ワイルド・スピードMEGA MAX』の挿入歌として使用されたことからも、世界的に大ヒットで、先日代々木公園で開催されたブラジル・フェスティバルではジルベルト・ジルの娘、プレタ・ジルが歌って、観客がステージに上がってクドゥーロダンスをしてたことからも、かなりキテるらしい。

クドゥーロって何?って思う人も多いと思うけれど、Wikipediaによると

1980年代のアンゴラに起源を持ち、1994年にポルトガルのリスボンにもたらされた音楽の様式である。アップテンポでエネルギッシュでダンサブルであることが特徴的である。

ということなので、アンゴラ発祥のアフリカのリズムなようです。
歌詞も途中、ポルトガル語が入っています。

まあ、かなりバカみたいなダンス音楽なのですが、意外と単純に楽しめちゃいます・・・

ということで、今夏はクドゥーロで踊らないと!


ところで、もうすぐサマソニにピットブルが登場しますね~!楽しみ!
スペイン語の歌はあまり歌わない気がするけど・・・

|

« キューバから来日!若手デュオ長期公演 | トップページ | ペルネット fromコロンビア、東京公演いよいよ間もなく! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549421/55349845

この記事へのトラックバック一覧です: ドン・オマール「ニュー・ジェネレーション」リリース!:

« キューバから来日!若手デュオ長期公演 | トップページ | ペルネット fromコロンビア、東京公演いよいよ間もなく! »