« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012.03.26

キューバの猫

家の猫、ジジがキューバ滞在中にあの世に旅立ってしまいました。
御年なんと約20歳。4月に成人式(成猫式?)誕生日パーティをやろう、って家族で話している矢先の出来事でした。

内臓機能が全部ダメになってたらしいけれど、これはもう老衰だよね。
上野公園でボロボロになった状態だったジジを拾って育てて、東京と秋田を転々としながら(6回ほど引っ越しした)、人間同士のように仲良く暮らしていました。

晩年は、絶対に私たちの会話が理解できていたと思うほど賢くなっていた。

Dscn0132
点々と付いたシミがたまらなく可愛かった。

キューバにいる間は私にショックを受けさせないように、「まだ大丈夫」と言われていたんだけれど、成田空港に着いてすぐに本当のことを知らされました。
間に合わなかった。

今回のキューバでは、前回ではあまり見かけなかったはずの猫がそこら中に!
気付いたら猫の写真がいっぱいたまっていました。
P3122656
セントロ・アバナの猫。


P3132664

P3132665

P3132667

P3132705
トリニダーにいた盲目の猫。毛並み艶々!


P3172880
ジジみたいな黒白猫をよく見かけた。

P3193058_2
サンティアゴの猫。



   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.24

キューバ旅から戻りました ~グアンタナモ編~

約3年半ぶりのキューバ。
今回はハバナはもちろん、トリニダー~サンティアゴ・デ・クーバ~グアンタナモと、充実した内容の旅でした。

なんだかハバナが発展していてちょっとビックリ。
綺麗で豪華なパラダール(民間経営のレストラン)が増えてるし、みんなケイタイ持ってるし、今回は知り合いのキューバ人からご馳走になってばっかりだし(小奇麗なレストランにも連れて行ってもらった)、なんだか今までとちょっと違う様子。

P3102623_2
これでもパラダール。



2週間の間、いろーんな人に会ったり面白いライブ見たりと、久々に大興奮の日々を送っていたんだけど、私的に一番印象に残ってるのがグアンタナモ。

ソンのルーツの一つでもあるチャングイの発祥地でもあるグアンタナモ、今まで何回か行っているけれどいつも最高に心地よく過ごせる町。

もう知り合って14年も経ってしまったミュージシャンでチャングイ研究家、ラモン・ゴメス(モンゴ)のおかげで、バッチリな日帰りグアンタナモツアーとなりました。

最初に行ったのは、無形文化遺産になった「トゥンバ・フランセーサ」
以前はいろんな場所で演奏されていたんだけれど、もう現存するグループは本当に希少となってきました。
グアンタナモに唯一残っている「ポンパドゥール・サンタ・カタリーナ・デ・リッチ」というグループ。
パーカッションの黒いウネりがとにかく素敵。
P3182923


それからモンゴが率いるチャングイグループ「ウニベルサル・デル・ソン」を、チャングイの家(casa del changui)にて鑑賞。
モンゴって学者だから、いつもソンのルーツを解説付きで演奏してくれるから勉強になる。
P3182959

「チャングイの家」には、お馴染み、エリオ・レベの銅像が飾られてます。
P3182978


で、チャングイの老舗である最重要グループ「グルーポ・チャングイ・デ・グアンタナモ」が演奏しているというホテルへ。
P3182986
私の好きな「Fiesta en Cecilia」をリクエストしたらやってくれた。至福の時間。

で、この後が面白かった!!
キューバの田舎パーティを見事に再現。
豚の丸焼きパーティ、チャングイのライブ付き!
P3183006_7
最後は、あの名曲「グアンタナメーラ」の即興歌合戦となりました。
ホントに本場の「グアンタナメーラ」だねぇ。
ハバナの生野菜はダメだったけれど、ここのサラダはやけに
美味しかった。
カナリア諸島出身の先祖を持つという女性が作ってくれたMojoソースが
美味だった。レシピ教えてもらったから今度作ってみよう。

P3183003


P3182993

そういえばこの硬派な二人は、豚を運んだ後は静かに消えていなくなっていた。誰だったんだろう・・・

大好きな音楽にダンス、美味しいお酒と料理、居心地のいい人たちに囲まれている環境って最高に贅沢な空間。

今回も前回もグアンタナモ滞在は日帰りだったけれど、ここの楽しさを知るには1日じゃ全然物足りない。ゆったりと数日間滞在して体にチャングイが染み込む位滞在したいです。


P3183006_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.03.02

4月の大興奮来日ライブ!~マイケル・スチュアート&チェカ~

またブログを再開しますって昨日書いた以上、ちゃんと続けないと。
で、昨日予告していたライブ情報です。

最近知った大ニュース!
チェカが来日します!!・・・って言っても、たぶん誰も反応しないだろう。

マイケル・スチュアートが来日!・・・って言うと、サルサファンだったら反応するはずだけど。

何が言いたいかというと、マイケル・スチュアートがチェカと12人編成のオルケスタを引き連れて日本公演を行うんです。

コチラに詳細があります。

---------

東京公演:4/27(FRI)渋谷オーイースト
Open18:00/Start 18:30~
MC + DJ LANDO(Cafe Latino)、RAPHAEL、SHIRO

京都公演:4/28(SAT)京都スパニッシュ・ハーレム・ラテン・クラブ
2 stages:-
1stage19:00open 20:00start21:30 finish.
2nd 22:00open 22:30start 25:00 finish
DJ. Rodrigo Nishi

名古屋公演:4/29(SUN) 大須X-ホール
Open 22:00~All Night Party
DJ Rodrigo Nishi And more...

Tickets@ ローソン、ピア(3/11から発売)
販売所:Fame:080-3173-4579(entertainment3636@yahoo.co.jp)
RT SALSA、CAFE LATINO、SALSA SUDADA、CASINO、
COPACABANA、カフェ・マコンド、カフェ・ルンビータ、
Spanish Harlem Latin Club、X HALL etc

Adv:¥5500+1Drink.
Door:¥6000+1Drink.

For more info. entertainment3636@yahoo.co.jp
企画、製作Fame International/36エンターテインメント
協力:O-EAST. X-Hall.Cafe Rumbita,Cafe Macondo,
Spanish Harlem Latin Club.Kyoto
Dance Studio Casino. RT Salsa. Salsa Sudada. Copacabana.
And more..

-----
で、なぜ私がチェカチェカ言ってるかというと、かつての日本でのレゲトン・ブーム(というか、ブームというほどになったのか!?)の最中、ブームにあやかって大手レコード会社がいろんなレゲトン・アーティストの国内盤をリリースしていました。
その時代の私はラッキーなことに、ドン・オマールやダディー・ヤンキーやアダーサやルーニー・チューンズなどといったレゲトン界の有名どころの歌詞対訳をやらせていただきました。まあ、ほとんどがえげつないスラングだらけの歌詞だったので、かなり赤面しながら訳していましたが・・・

で、その時にレゲトンのいろんなCDやDVDなどがどんどん部屋の中に浸食していくことになり、かなり聴いたり見たりするようになりました。寝ても覚めてもレゲトンが鳴っていた状態。(さすがの私もちょっとおかしくなりそうだった。)

そこで私の琴線に触れたのがチェカだったんですね~。
Cheka

彼は上手い歌手だから、というより、ビジュアルから入ったようなもんなんですが。
それと、無機的なサウンドが多いレゲトンの中にあって、かなりメロウな路線をいっていたのが気に入って。
Cheka2


つい写真を続けて載せてしまいました。


マイケル・スチュアートもかなりイケてるので、この二人が並んだら、私どうなっちゃうんだろう!って感じで今から舞い上がってます。

彼らの競演曲、Nadie Sabeはイチオシです。ライブでこの曲やってくれるかな~。

こちらはチェカのNo te olvidare(あなたを忘れない)。

レゲトンからしばらく遠ざかっていたのですが、なんだか久々にレゲトンな気分になってきそう。

そういえば、マイアミ在住キューバ人ヒップホップ・アーティスト、ピットブルの全編スパニッシュのアルバム『アルマンド』の歌詞を手掛けたので、お好きな方はぜひ国内盤を。

Armando

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.01

ずーっとサボってましたが・・・また東京に引っ越します。

もう生きているのかいないのか、すっかり身を隠したようにブログをサボっていましたが
ちゃんと元気です。

雪に囲まれた静かな秋田にいながら、まるで落ち着かない日々を過ごしています。

2010年10月に18年住んでいた東京から地元秋田に戻ったのですが、
いろ~んなことがあって、いろいろと考え悩んだ挙句、
東京に再び移り住むことになりました。

まるで遊牧民(家のイラン人は元遊牧民に違いない)、もしくはキューバ風に言うとパレスティーノスのようですが、東京の皆様、またよろしくお願いいたします。

秋田で暮らした1年半弱は決して無駄ではなかったです。

久々に再会した人たちはもちろん、新しく知り合いになった楽しい人たちもいっぱいいるので、複雑な思いではおりますが、地元なんだからちょこちょこ帰って、ずっと繋がりは持ち続けるつもりです。

つい先日はスペイン語を愛する人が集まる会「Amar a la lengua espanola」での飲み会もあり、秋田在住のコロンビア、メキシコ、カナダなどの女性たちやスペイン語圏に住んでいた、または行ったことのある人たちと、これからいろいろイベントをやろう!ということにもなりましたので、また何か話が進みましたらここで告知します。

この会については、国際交流協会の新聞に掲載されています。


引っ越しは4月末頃になります。
ちょうどその時、私の大好きなアーティストの来日ライブがあるので、まさに願ったり!
ライブ詳細についてはまた明日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »