« ギリギリの精神力を救う音楽とは | トップページ | 研究ノート~キューバ、グアンタナモ州におけるトランスカルチュレーション »

2011.03.31

猫よけ!?備蓄用ミネラルウォーター

普段あまりテレビを見ない私だが、3月11日からの日々は、一生分のニュースを見たかというほどの中毒状態。
記者会見やニュースの情報を集めれば集めるほど憤りが高まり、精神的に滅入ってくる日々。

解決するどころか、刻々と悪化していく我が国の状況を常にチェックしておくべき、とは思うけれど、このままでは私の日常が完全に脅かされてしまう・・・
家族から“もう原発のニュースは見るな!”と怒られながらも毎日ソファーに横たわって文句を付けながらテレビに釘付けになる毎日だったけれど、2,3日前のニュースでハッと目が覚めました。

被災地に暮らす人々の中で「生活不活発病」が懸念されているという。
これは、長時間動かなかったり何も行動をしないせいで、体が弱まってしまうという病気らしい。

被災地じゃないくせに、私までそんな状態になりつつあるのでは・・・?

被災者への対応の悪さなどに我慢できない位イライラは募っていて、何とかしたいとは思っているけれど、頼りにならない某大企業や国を動かしている人々のせいで私の生活まで狂わされてはいけない。
多くの日本国民が今回の衝撃で普段の生活を乱されているけれど、周囲が無事である人たちは日常生活を頑張らないと。

なので、昨日は久々に外食をしたり、たまっている仕事を片づけようと、ようやく元気を取り戻してきた。(多分他の人たちより随分遅い・・・)

さて、話は変わるけれど、秋田も水不足に悩まされているので、我が家は早め早めの対策でペットボトルの水を確保してきた。
しまう所がないので、実家の台所にずらっと並べて置いた。

すると、なんだか愛猫のジジの様子がヘン。台所を居間を行ったり来たりしながらギャーギャー騒いで、どうも期限が悪い様子。
最近大好物の鱈を上げてないから?家の中が騒々しいから?
いろいろ考えてたら、家のイラン人が一言。


「猫よけペットボトル・・・」


そうみたい。
ミネラルウォーターの入ったペットボトルの存在が嫌だったらしい。
見えない場所にしまった途端、普段の様子を取り戻してすやすや眠りについてくれた。
5271

「もしかして僕、この家から追い出されるんじゃ?」という不安を抱えていたのかも。

人間のように可愛がっているジジだけれど、やっぱり彼も、「猫よけペットボトル」が嫌いな普通の猫だった・・・

|

« ギリギリの精神力を救う音楽とは | トップページ | 研究ノート~キューバ、グアンタナモ州におけるトランスカルチュレーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549421/51262650

この記事へのトラックバック一覧です: 猫よけ!?備蓄用ミネラルウォーター:

« ギリギリの精神力を救う音楽とは | トップページ | 研究ノート~キューバ、グアンタナモ州におけるトランスカルチュレーション »