« 夢は叶うもの。 | トップページ | シャキーラ新譜リリースなどなど »

2010.10.24

イランの耳鼻科医

私は小さい頃からヒドい鼻炎に悩まされていて、ホコリや寒暖の差とかを感じると、誰とも顔を合わせられない程の鼻水とクシャミと戦っている。

病院に行っても血液検査をして「あなたはスギとヒノキですね」みたいなこと言われて、その後の対処法とか教えてもらえなかったので、こういうのは持病でなかなか治るもんじゃないと諦めていた。

しかし某メキシコ人が「メキシコでは手術で治る」と言い、家のイラン人は「日本の医者は間違っている。イランの医者は完璧に治療できるはずだ」と威張り散らすので、先月イランに行った際、皆が騒ぐ「名医」とやらに診察してもらった。

1件目。
日本のキレイな病院位のきちんとした感じにちょっとビックリ。なんだか意外だ。
お義母さんに受付を済ませてもらい、診察室に入るとちょっとインテリ風の中年の先生。
「ちょっと鼻を見せて」と言われたので顔を上に向けると、先生はチラっと鼻穴を見て

「これはヒドい鼻炎だ。多くの患者を診てきたけれど、こんな症例は初めてだ」

といきなり脅す。

「できたら手術を勧めるところだけれど、まあ、考えてみて」

と言われたことに恐れおののき、その後はレントゲンを撮って(これも立派な機械だったのでビックリ)とりあえず診察終了。

お義母さんは「次に行くのは皆が名医と認める所だから、セカンド・オピニオンを待ちましょう」

と言うので、もらった処方箋の薬も取らずに次の病院へ。

いや、病院ではなくて個人の診察所っていう感じだった。雑居ビルの中にあって、入ると待合室の皆は日本人ということに驚いた感じで視線が熱い。

「ここのお医者さん目当てにすごーい田舎からも多くの人が来るのよ」

ということで、気のせいかもしれないけれど、ほっぺが赤い感じの田舎風の人が多い。


1時間くらい待ってようやく診察室へ。

今度のお医者さんはさっきよりさらにインテリ風だ。
また私の鼻穴をチラっと見ると

「ひどい鼻炎だ」と一言。

でもこっちのお医者さんは手術は必要なく、薬を飲んで日常生活を改善すればかなり良くなると提言する。

しかしその日常生活において気を付けなくてはいけない内容が面白いというか、ホント??と言うか・・・

「今後食べてはいけないものは、ナス、生のトマト、横長メロン(名前忘れた)、全ての香辛料etc...。」

横に長いメロンなんて日本に存在しないからいいとして、ナスとトマトが禁止??香辛料も?そんなのほとんど不可能な・・・

「それから一日数回の鼻うがいをすること。羽毛布団、枕は禁止。ぬいぐるみなどホコリを吸う物は部屋に置かないで。それと観葉植物を室内に置くのも辞めて下さい。」

うーん、かなり面倒なことが多い。でも本当にこれで治るというのだろうか・・・?

「今度あなたがイランに来た際には、病気が良くなっているかもう一度診察しますのでしっかり守ってください。」

お義母さんも家のイラン人も必死に聴いてちゃんとメモを取っている。
こんなにみんなして必死になってくれてるんだったら守らないと罰が当りそうだ・・・

帰り道はみんなでそのお医者さんを大絶賛。

「理にかなったことを的確に説明してくれた。素晴らしい先生だ!これできっと良くなるはずだ!」

私は内心、ナスが鼻炎に悪い??とか考えていて今ひとつ腑に落ちなかったのだが、とりあえずイラン滞在中は言われた通りの食生活を守り、もらった薬と鼻うがいを毎日実践した。

で、ずっと愛用していた羽毛布団を処分し、ケミカルな防アレルギー素材の布団を購入。

半信半疑だったイラン耳鼻科医だが、最近香辛料とかトマトとかは守っていないものの、肌寒くなってきた秋田にいるのに最近はほとんどティッシュのお世話になる必要がなくなった。
外出時にティッシュがないとものすごい不安に駆られた日々が嘘のように、最近はティッシュを忘れても大丈夫。

最近鼻うがいをサボりがちだったのでまた再開しよう。でも難しいんだよね、鼻うがい・・・

|

« 夢は叶うもの。 | トップページ | シャキーラ新譜リリースなどなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549421/49827337

この記事へのトラックバック一覧です: イランの耳鼻科医:

« 夢は叶うもの。 | トップページ | シャキーラ新譜リリースなどなど »