« 2大巨匠ピアニストのオショクジ対談 | トップページ | 毎日がはじまりの日 きょうも あしたも あたらしい きみの はじまりの日 »

2010.06.26

最近お気に入りのラテン男性ヴォーカリストたち

家でぼんやり聴きたい音楽って、キューバンジャズとかサルサとかより、実はベタなラテン・ポップスが多いんだけど、最近凝ってる(ちょっと「ホの字」かも?)2人の男性アーティスト。

その1
Alex Cuba

某CDショップで働いていた時代に「おっ!かっこいい!」って興奮し、強力にプッシュしてお客さんたちに薦めてたのが、彼のソロ・デビュー作『Humo de Tabaco』。その後来日して全国ツアーなんかしちゃって日本でも大ヒットする予感はしたんだけど、最近日本ではあんまり聞かない。(というよりラテン音楽自体のリスナーが日本に少なすぎるのか。)

キューバ出身で現在はカナダ在住で彼のHPやtwitterなんかによると向こうではかなり大活躍、米国ではライブやりまくりみたい。
キューバっぽい臭いがありつつもすごく洗練された音で、キューバンな明るさ&グルーヴ感を出しつつも、やさしくってちょっと物哀しいような・・・こんなイカす曲ばかり作って、何ていうメロディー・センスの良さ。さらに私の心をギュッ!と掴むのは、男の色気あふれる声。キューバの生ぬるくて湿った空気感のような、だけど前面に主張しすぎない声。

とにかく聴いてみて。ルックスもファンキーでステキ。

その2
Jorge Villamizar

ラテンポップスに目覚めたきっかけの一つでもあるグループ、Bacilosのリーダーで大ヒット・メーカー、ホルヘ・ビジャミサール。コロンビア出身で、今はマイアミで活動してる。2年ほど前、Bacilosが解散してしまうというショッキングな事件があったんだけど、その後彼がソロ活動しているので、バシーロスの音楽性はまだ生き続いているので救われる。
ところで、さっき"Jorge Villamizar"って検索してたら、私がむかーし書いてたHPがヒットされた。
ココに書いてるように、5年ほど(・・・10年ほど前?)前サルサクラブに通っていた人なら絶対に聴いてる「Mi primer millon」という曲はものすご~くしつこく聴いた覚えがある。


「Ser Feliz」これはコロンビア人で彼の親友であるホセ・ガビリアの新譜『Retomando』でのデュオ。いい曲だ。

人の気持ちを掴んじゃうようなこういうメロディーを作るアーティストって、ホントスゴイよね。

私が好き嫌いを決める重要なポイントって、浮遊感があるかないかっていうことにかかっている気がする。キューバの大音楽家、アダルベルト・アルバレスの往年のヒット曲もみんな“浮遊感”があるのが鍵だったし、ソンの名曲も“浮遊感”だし。上手く説明できないけど、ここで言う浮遊感って、単にぼんやりしてふわっとした感じとはちょっと違う。感覚的なことだから説明のしようもないんだけど、“気持ちがふわっと浮くような”旋律の動きを持った曲、つまり心の琴線に触れるメロディーを持つ曲。

それからいつも思うんだけど、どうしても男性ヴォーカルが好きみたい、やっぱり。

|

« 2大巨匠ピアニストのオショクジ対談 | トップページ | 毎日がはじまりの日 きょうも あしたも あたらしい きみの はじまりの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549421/48721899

この記事へのトラックバック一覧です: 最近お気に入りのラテン男性ヴォーカリストたち:

« 2大巨匠ピアニストのオショクジ対談 | トップページ | 毎日がはじまりの日 きょうも あしたも あたらしい きみの はじまりの日 »