« ばでんじゃん=べれんへーな | トップページ | FIFA公式ソング「Waka Waka」3ヴァージョン。 »

2010.06.18

シャキーラのFIFA公式ソングの影にあるレゲトン・ソング。

最近、巷でかかりまくっているシャキーラのWaka Waka。今更説明の必要もない、FIFAワールドカップのオフィシャル・ソングだ。
通常は英語で歌っているのばかり流れているけれど、ラテンにこだわるアナタに、スペイン語バージョン!!

やっぱりこっちの方がしっくりくるねぇ。

ところで、今日は新譜リリースの話題です。ワールドカップの応援スパニッシュ・ソングはシャキーラだけじゃないんです!

Dysha Daddy Yankee & Shakira

アルゼンチンとブラジルで撮影が行われ、ワールドカップのために作られたのに惜しくもFIFAに選ばれなかったダディー・ヤンキーの「ムンディアル」が収録された、その名も『ムンディアル』が6月23日(水)リリース!!

PVはコチラで観れます。

数年前のレゲトン・ブームの時には立て続けに国内盤がリリースされて、私の周囲がレゲトンだらけ!って感じだったけど、すっかり大人しくなってしまった最近の話題の中ではかなり嬉しいニュース。

思えばあのレゲトン時代は、ダディー・ヤンキーの他、ドン・オマール、ルーニー・チューンズ、アダーサ、あとはキューバのレゲトン“クバトン”のコンピレーション等、歌詞対訳ラッシュが続いて家の中でも夜を徹してレゲトンが流れているようなかなり怪しい日々を送っていた・・・渋谷でレゲトンのクラブイベント「レゲトン・バリオ」なんてのまで企画しちゃってたし。
その上、仕事終わってから踊りにまで行っていたし・・・まさにレゲトン尽くしの毎日だった。


レゲトンの曲ってスラングが連発で、ホントに気がおかしくなりそうなライムが並んでいて、私なんかじゃムリ~!って苦しんでいた時にお世話になった方が、スペイン語のネット情報誌「Noticias Nippon」を運営しているPercyさん。コチラにダディーの記事がアップされてます。この度久々にレゲトンチームを組んで『ダディー・ヤンキー/ムンディアル』の訳詞を担当しました~。


何十回、何百回と聴き返したアルバムだけど、音楽の幅が前作よりさらに広がっていて飽きない内容でGood。レゲトンだけじゃなくって、メレンゲ調のラテンっぽいナンバーやダンスホール、サンバ調とかヴァラエティに富んでて面白い。「ガソリーナ」の大ヒットに終わらず、日々革新して成長している様子が伝わっていて、尊敬。
しかもダディー・ヤンキーって世界のステージで活躍しているのにスペイン語の歌詞にこだわっているのが好感持てる。

歌詞対訳の他、レゲトン解説の第一人者、二木崇さんの詳しいライナー・ノーツや日本盤だけのボーナス・トラックが2曲が入っているので、ぜひ国内盤買ってくださいね~。

|

« ばでんじゃん=べれんへーな | トップページ | FIFA公式ソング「Waka Waka」3ヴァージョン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549421/48663289

この記事へのトラックバック一覧です: シャキーラのFIFA公式ソングの影にあるレゲトン・ソング。:

« ばでんじゃん=べれんへーな | トップページ | FIFA公式ソング「Waka Waka」3ヴァージョン。 »