« ブーガルーの雄、ジョー・バターンが来日! | トップページ | ハイチ地震復興チャリティー ハイチからミュージシャンが来日! »

2010.05.06

ハイレベルな親戚の友人。

いやいや、ブログの更新を随分怠けてしまいました。

GWだから旅行していて日本にいなかった、とかではなく、単に書かなかっただけです・・・

旅にでも行きたかったんだけどね・・・
連休中はとっても地味に過ごしてしまいました。

先日、親戚の家に行った時のこと。
親戚の元同級生たち、という若い男性二人が来ていたので、夕食を一緒にすることに。しかも同級生たちがいるのに、当の本人がいないじゃないか。彼はお医者さんなのだが、さきほど病院から呼び出しをくらってしまったらしい。

なんだか二人とも第一線で活躍するエリートで、若いのにすごくしっかりしてて自分の意見を持ってる感じだ。

キューバ音楽の話をチラっとすると、そのうちの一人が
「僕の恩師はキューバのサンテリアを研究している教授です」とサラリと言う。

“サンテリア”という単語がこんなところから出てくるなんて思いもしていなかったのでビックリ。(*ちなみにサンテリアとは、西アフリカからキューバにわたったヨルバの人々が伝え、現在にも根強く伝わるキューバの民間信仰のこと。)

恩師の名前を聞くと、大杉高司先生という。

恥ずかしいことに、すぐに誰なのか分からなかったけれど、家に帰って東琢磨さんが以前編集した小難しい単行本

『シンコペーション ラティーノ/カリビアンの文化実践』

を開くと、大杉先生が書かれた文章がしっかり掲載されていた。


サンテリア発言にも驚いたけれど、イランの話をした時にもう一人が

「僕、昔から絨毯に興味あるんですよ」

と言うので、家のイラン人と延々と絨毯やらイランやらの話をしていた。

いやあ、やっぱりエリートは違うねえ。私も勉強しないと・・・

|

« ブーガルーの雄、ジョー・バターンが来日! | トップページ | ハイチ地震復興チャリティー ハイチからミュージシャンが来日! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549421/48288311

この記事へのトラックバック一覧です: ハイレベルな親戚の友人。:

« ブーガルーの雄、ジョー・バターンが来日! | トップページ | ハイチ地震復興チャリティー ハイチからミュージシャンが来日! »