« ハイチ地震復興チャリティー ハイチからミュージシャンが来日! | トップページ | 8月上旬、キューバ週間!! »

2010.05.09

世界はつながっているのかも

昨日は、忙しくてほとんど一緒にいることができない家のイラン人が珍しく5時に仕事が終わるというので(普段は夜寝る前にちょっと会える位・・・)、家の中とか近所とかでなく、どっかに出かけようということに。

どこに行こうか張り切って考えたものの、不況だしリーズナブルに済ませよう、ということで頭を悩ませながらググってみた。

「無料 イベント」とか「東京 散歩 格安」とか、そんな感じで・・・

で、これだ!と思ったのが、神田明神 大神輿遷座祭。
何のことだって?私も分からなかった。
日本の祭りの中でも、3本の指に入るような大きなお祭りである神田祭の前夜祭のようなもの、という認識のみで、とりあえず夜7時に開始だから行ってみよう、ということでお茶の水駅で待ち合わせ。

神田明神に行くのは初めてだった。
そういや、彼と付き合ってから、武蔵御嶽神社の神楽も見に行ったし、よく参拝にも行くし、何だか神社づいてる感じだ。

時間もあるので、参道横にある甘味処の「天野屋」さんでクリームあんみつを堪能。所狭しと骨董品が置かれた店内はレトロ感いっぱいで、日常とはちょっと離れた異空間ワールドを満喫できる。根津千駄木界隈の雰囲気が好きな方にはオススメ。

前知識ゼロで行った神田明神だけれど、それはそれは幻想的、神秘的で素敵な儀式だった。

カメラ小僧みたいなマニア(神社マニアなのか?)が夢中になってシャッターを押してたのに触発され、頑張ってはみたものの、やっぱり自分の目でしっかり見ておいた方が楽しかったのであまり写真は撮れなかったけど・・・
Ca3c0193

Ca3c0195

Ca3c0197

Ca3c0199

Ca3c0201
行われた儀式は、大神輿にご祭神(お御霊)をお乗せする、というもので、ご祭神は人の目に触れることは許されないので、白装束を着た神職が白い布に覆われた枠の中に入り、大神輿がおさめられている奉安庫までズラリと並んだ神職たちが行進する。

雅楽の調べと松明の灯りに導かれながら、暗闇の中移動する様は本当に神秘的。

この儀式の由来や意味について全く知識がないまま見たのが残念。分かっていたらもっと意義深く体験できたのに。

日本に古くから伝わるこの儀式、最近すっかりマイブームになってしまったエチオピアの文化に非常に近いものを感じる。(今度エチオピアについてはゆっくりここに書こうと思ってる。)

エチオピアにはまってしまったきっかけは、前にも書いたけれど、ファラシャと呼ばれるエチオピアのユダヤ人の中に伝わる音楽を研究した『エチオピア音楽民族誌』を読んで、独自の色濃い文化に衝撃を受けたからだ。「十戒」でお馴染みの、モーセが神との契約のしるしに授けられた石板を収めた聖櫃(タボット)が、なんとエチオピアにあるという伝説があるのだけれど、エチオピアでは年に一度、各教会がタボットを持って行進しながら信者たちが大集合するのだ。もちろん、各教会に置かれているタボットはレプリカだけれど、アスクムという地に眠っているタボットは本物と信じられている。

書籍『エチオピアのキリスト教-思索の旅』を読むと、そのことが詳しくフィールドワークされているので面白い。

この本を読み終えたばかりだったので、大神輿遷座祭を見た後の私は「どこの国の宗教も似たり寄ったりなんだね!!なんだかエチオピアと儀式の様子がそっくりだもん!」とイラン人(もちろんイスラム教)相手に連発して感想を主張していたのだが、さっきwikipediaを読んでギョっとした。

「神輿」の項にて。
読み進めてみて、「神輿の起源」の最後の部分に書いていた一文が

中には、契約の箱と神輿の類似点から、ユダヤ教徒あるいはその文化が日本に伝来したものとする説もある。

とあるじゃないか。

うーん、歴史って不思議。
何でユダヤと日本が繋がっているんだろうか・・・

|

« ハイチ地震復興チャリティー ハイチからミュージシャンが来日! | トップページ | 8月上旬、キューバ週間!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549421/48316533

この記事へのトラックバック一覧です: 世界はつながっているのかも:

« ハイチ地震復興チャリティー ハイチからミュージシャンが来日! | トップページ | 8月上旬、キューバ週間!! »