« ダァッ・ディッ・ヤン・キーーーー!!新譜リリース | トップページ | ラテンな料理屋2連続~ペルー&キューバ~ »

2010.04.12

リトル・イラン・イン・トーキョー vol.2 ~雑司ヶ谷のダルビッシュ

2月に紹介した小伝馬町のダルビッシュに続く第2弾です。

家のイラン人の友人であるミュージシャンが数年前にペルシア料理屋さんを始めた。
ハミッド・シャーサバリーさんという人なんだけど、彼はイランを代表する楽器、サントゥールをはじめとして、ネイ、タール、ダフ、トンバックetc...とイラン伝統楽器を何でもこなすマルチなプレイヤー。
店内には珍しい楽器が至る所にぶら下がっている。
自分で楽器まで作っちゃうらしい。

今日はそんな彼のお店、ペルシャン・ダルビッシュの紹介です。
Dscf0526

初めてお店を訪れた時の衝撃は忘れられない。

雑司ヶ谷のシケた商店街の中に、控え目に構えた小さなお店。ちょっと怪しげな雰囲気なので、フラリと通りかかって入れる雰囲気ではない(小伝馬町のダルビッシュ同様)。

お店に入ると前のカウンター席ではなく、奥の座敷(?)に通されたのだけど、店主の趣向を100%表現したかのようなペルシャン・ワールド満開!
イランは日本同様、靴を脱いで上がる。だって“ペルシャ絨毯”の国なのだから当たり前。ふかふかのクッションを背もたれあるいは肘掛のようにしてくつろいで座るので、まるで誰かの家を訪れたよう。
座敷の中央にはペルセポリスの模型がドーンと置かれている。薄暗くてエキゾチックな雰囲気は完全に異空間。日本にいることを忘れたくなった時にはここに行けばいい。絶対にどこにいるか分からなくなるから!ちなみに時間も忘れてしまうので、終電とかうっかり逃さないように・・・

でも、このお店の一番の素晴らしさは店内の雰囲気とか料理とかではない。
ズバリ、シャーサバリーさんの存在感だ。
Mg_6189

彼、お店を一人ですべて切り盛りしているのだけれど、料理を準備している間はキッチンに行ってしまうのでちょっと寂しくなる。“料理の準備は私も手伝うから早くこっちに来て”と言いたくなるような感じだ。レストランなのに、何てお店だ!

料理の準備が一段落して私たちもお腹が満たされてきた頃、店内がますます暗くなってスポットライトが付く。
ミュージシャン、シャーサバリーの登場だ。

Dscf0529
彼が奏でる音楽は心に染みる。イランの音楽が分からなくても心がざわざわしてくるはずだ。サントゥールは、ピアノの先祖。長い歴史を経て現代に甦る音色。そして、ダフという太鼓に合わせて熱唱する彼の歌は素晴らしい。熱い鼓動が伝わるダフ、ラテンの楽器とまた違った情熱を感じる。

楽器についての説明やリクエストにも応えてくれるこれらの演奏が、なんとノーチャージ。

シャーサバリーさんの魅力は演奏だけではない。
一見とても物静かで落ち着いた人柄なんだけれども、彼のおしゃべりが楽しくてたまらないのだ。
音楽の話はもちろんのこと、彼の人生観など目から鱗のお話が満載で、聞いていると自分の俗っぽい考え方が何だかバカみたいに思えてくる。こんな生き方もあるんだな・・・とストレスだらけの私たち現代日本人の心の洗濯になる時間を過ごせる。

そうそう、肝心の料理のこと書くの忘れてた!
キャバブ、オリビエサラダなどペルシア料理を日本人の口に合う食べやすい味付けにアレンジされていて非常に美味。
080

ところで、こないだ行った時に「お通しで~す」という声とともに出された、モダンな白いお皿に黒い長方形の薄い物が何枚か重ねられたおつまみのようなものが「???」だったので、「これ、何ですか?」と聞いてみたところ、

「韓国海苔で~す。美味しいですよ~」

と言われたのにはある意味衝撃だった・・・
私も韓国海苔大好きだけど。

そんなペルシャン・ダルビッシュ、居心地良すぎて大好きなお店です。
たまにベリーダンスなどイベントも行われているので、事前にお電話で確認してから行った方がいいかも。

ペルシャン・ダルビッシュ
東京都豊島区南池袋2-4-3 南池袋ビル1F
Tel. 03-6423-1233

|

« ダァッ・ディッ・ヤン・キーーーー!!新譜リリース | トップページ | ラテンな料理屋2連続~ペルー&キューバ~ »

コメント

第2弾!!
もう一つのダルビッシュ、待ってましたぁ~♪
是非、行こうと思います。
いや、行きますっ。

イランは彼(イラン人)と出合ってから好きになった国ですがブラジルは子供の頃から好きで私自身、ブラジル人が多く住んでいる三重県で育ちました。

ブラジルの音楽は特に好きで。
聞きながらだと何故か勉強もはかどります。
イランの音楽はなかなか馴染めないんですけどね(笑)

ブラジルの音楽情報があったらこれからも
是非、載せて欲しいで~す。

リクエストばかりしちゃってすみません(汗)

                  by alo-alo

投稿: alo-alo | 2010.04.14 09:05

>alo-aloさん

ブラジル音楽でイラン彼ですか・・・
なんか親近感沸きますねhappy02

ブラジルのCDだったらディスクユニオンですよ~。
http://blog-shinjuku-latin.diskunion.net/

実は以前ここで働いてましたeye

投稿: yaco | 2010.04.14 11:43

そうなんですっ(笑)
実は親近感が沸いていてコメントを書くようになりました。

大学は残念ながら芸大ではありませんが美大出身(多摩美術大学)です。
同じ芸術畑、出身でうれしい限りです。

ディスクユニオン新宿店よく行きますよ~。
買いもしないで何時間もいてしまうので最近はあえて行かないようにしてます(笑)

これからもちょくちょくブロクにお邪魔させていただきます♪

投稿: alo-alo | 2010.04.22 08:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549421/48066312

この記事へのトラックバック一覧です: リトル・イラン・イン・トーキョー vol.2 ~雑司ヶ谷のダルビッシュ:

« ダァッ・ディッ・ヤン・キーーーー!!新譜リリース | トップページ | ラテンな料理屋2連続~ペルー&キューバ~ »