« ソーリーの新譜だ!! | トップページ | 「それでも恋するバルセロナ」を観た »

2010.02.14

「ハバナ・ラカタン」はダンスだけじゃない。これぞホンモノのソン、セプテート・トゥルキーノ

半年も先の公演なのにすでに前売りチケットがバカ売れの「ハバナ・ラカタン」。キューバ物でこんなにも早くからチケットが動くなんて前代未聞かも。(ブエナ・ビスタは除いてね)

この「ハバナ・ラカタン」はダンスレビューとして宣伝されているけれど、音楽通には絶対聴き逃してはならないのがバックを務める“トゥルキーノ”っていうバンド。
Turquino_3 

ダンスレビューのバンドなんてたかが知れてる・・・なんて思ってはいけない。いかにもサンティアゴらしい粘っこくて味のあるサウンドは本物だ。
サンティアゴ・デ・クーバ出身の学生たちによって1982年に結成され
たのでキャリアはすでに30年弱。ソンらしい唸るトランペット、マイナー調のメロディーに疾走感のあるスピード感、伝統とモダン性が共存したセンスは流石だ。
アルセニオ・ロドリゲスのような粘っこさ。
ホーベネス・クラシコス・デル・ソンのようなスピード感。
で、スローなボレロは郷愁を誘い涙が出てきそう。サンティアゴの街角にいるかのような空気感。

アマゾンで調べたら、なぜかアルバムがスゴイ高値になってる!なんと62.39ドル!手が出せない値段!!
http://www.amazon.com/Cuba-Tu-Amor-Septeto-Turquino/dp/B00005BJFS

視聴できるので聴いてみて。ホントにオススメだから!!!
ちなみにレコメンド曲は
3. Maria Belen(素晴らしい疾走感!)
4. Convergencia (じわじわと感動を誘うボレロ)
11. Cuba, tu mi amor (4と似た雰囲気。サンティアゴの夕暮れ時みたい)

何枚かアルバムを出しているんだけれど、おすすめは「El Swing del son」と「Cuba, tu mi amor」(でもこれらはおそらく入手困難)。

多分キューバのエグレムから出ている「Son de Altura」が一番手に入りやすいかも。
Ahoraで買えるようです。

うーん、来日が楽しみ!!!
チケット販売中です。

話は変わるけど、今日購入したハロルド・ロペス・ヌッサの新譜最高。ちゃんと聴いたらコメント書こう。

|

« ソーリーの新譜だ!! | トップページ | 「それでも恋するバルセロナ」を観た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549421/47566591

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハバナ・ラカタン」はダンスだけじゃない。これぞホンモノのソン、セプテート・トゥルキーノ:

« ソーリーの新譜だ!! | トップページ | 「それでも恋するバルセロナ」を観た »