« キリムのお話 | トップページ | 馬車でバヤモへ »

2010.02.03

音樂夜噺 竹村淳×太田亜紀

昨晩は、3月末に開催される「音樂夜噺」やら歌詞翻訳の打ち合わせとやらで竹村淳氏とあきちゃんと、赤坂の“やきとりルイス”にて食事(というか飲み)。

竹村さんオススメのこのお店、焼き鳥屋さんなのになぜか始終サルサがかかっている。以前偶然入ったらサルサがかかっていたので「なぜサルサかけてんですか?」と聞いたところ、店主の奥さんがニヤっと笑って去っていった・・・ということがきっかけで以来、気になって仕方がなく、その後行きつけになったという竹村さん。

このお店の謎が知りたい方は、ぜひ一度行って店主のルイスさん(日本人)に聞いてみるべし。

とにかくいつも元気でラテンの歴史をしゃべりまくる竹村さん、話題の中ではラテンの大御所たちが登場しまくる、しまくる!!!数時間のお話の中に出てきた登場人物は100人近くいただろう。

ユパンキに始まり、オスカル・デレオーン、セリア・クルス、エリゼッチ・カルドーゾ、カルトーラ、オマーラ・ポルトゥオンド、コンパイ・セグンド、イラケレ、トリオ・ロス・パンチョス、ユッスー・ンドゥール、さらにはバーンスタインまで・・・誰もが知っている巨匠たちの裏話が、竹村さんとの直接体験によってまざまざと浮き彫りにされる。ステージ上からは決して伺えない、大御所たちの実際の人となりを知ることができる貴重なお話の数々。

キューバのミュージシャンとけっこう知り合いになれたと思っていた私は足元にも及ばない。

竹村さんとラテン音楽との深い関わりを聞ける貴重なチャンスなので、お時間のある方はぜひ時間を空けて行ってみてください。

音樂夜噺

3月27日 16:00~ 渋谷ダイニングバー Li-Po

|

« キリムのお話 | トップページ | 馬車でバヤモへ »

コメント

やっほーpaper
ここでささやかに登場さしてもらってたんだ…

あの日は雪で大変だったね
今日も寒いねsnow

投稿: アーキオータ | 2010.02.19 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549421/47464057

この記事へのトラックバック一覧です: 音樂夜噺 竹村淳×太田亜紀:

« キリムのお話 | トップページ | 馬車でバヤモへ »