« バチャータとムシカ・ロマンティカ | トップページ | チリの地震 »

2010.02.27

リトル・イラン・イン・トーキョー ~小伝馬町のダルビッシュ~

女性の美容と健康にとってもイイ、ザクロ。
なんでもザクロの種子に含まれるエストロゲンという物質が
女性ホルモンのバランスを整え、肌や髪にも効くらしい。
Ca3c0107_2 
しかも効果が最も期待できるのはイラン産のザクロ・・・ということで数年前からすっかりファンになってしまったザクロジュース。

以前、家の筋向いにあるバッタ屋のような激安ショップでトルコのザクロジュースが驚くほどの安値で売っていたので、その時にごっそり買ってたんだけど、その後なかなか安いのが見つからずなかなか入手できなかった。ネットで探すと驚くほど高いんだもん。なんで1瓶数千円もするんだ?

でもその後、都内唯一のイランショップでとっても安くザクロジュースが買えることが発覚。
そのお店は家のイラン人が働いてる会社の近くでもあるし、時々仕事上買い出しにも行くというので、彼に頼んで時々買ってきてもらった・・・が、最近は忙しいとか出張だとかいう理由で、すっかりザクロジュースから遠のいてしまった。

なのでついに今日私自ら行ってきました。

以前あった“ダリアショップ”から独立して、名物おじさん“アムー・ハッサン”がついに自分のお店を開いたらしいので、そのお店“ダルビッシュ・ショップ”を訪ねてみることに。

Ca3c0103
このいでたち!ファンキーでオシャレでしょ。

イラン人と結婚してるくせに、イランショップなんていう面白そうで異国情緒あふれるお店に今日まで一度も行ったことがなかったとは変な話。

こう見えても実は気の小さい私は、店員とはほとんど口を聞いたり、質問したりすることはない。なので大抵の場合、極力楚々とした態度を取りながら、陳列された商品を静かに見て、買って、帰っていく。

でも、ダンナの話によると、そのお店に行くと必ずアムー・ハッサンからお茶をご馳走になり、ながーい話に付き合うことになるという。

このお店に興味はあったんだけど、一人だとちょっと気が引けるので行く時は二人で行こうっていうことにしていつつ、先延ばしになっていたのだ。
しかしどうしてもザクロジュースが欲しい私はついに今日お店に足を運ぶことに。

場所は小伝馬町と馬喰町の間くらいにある。

入りにくそうなお店だろうな~と思っていたけど、やっぱり案の定、ひっそりとした通りに突如としてイランの旗がポツンと出現する。

で、お店を覗くと、やっぱり案の定、微妙に広々とした空間の中アムー・ハッサンが一人だけ座ってる。

ちょっと腰が引けたが、ここまで来たんだし入るしかないのでそっと入店。するとさりげなく「どうぞ」と言われてナツメヤシが差し出された。
お礼を言ってその後も商品を見ていると、どうやら背後で紅茶を淹れ始めた気配が。客をもてなす様子はなるほどイランの風習。

お茶の準備をしながら立ち話を始めた私たちはいつの間にかずうっとおしゃべりをすることになり、気が付くと小一時間ほど経っていた。

「正直に生きている人は、最初のうちは損をしてしまうように感じるけれど、後で絶対イイことがある。悪いことをする人や嘘つきの人は、最初は調子がイイけれど、後で悪いことが起きる。」
というような人生の教訓まで学ぶことができてしまった。

「イイ人には“お返し”が来るけれど、悪い人には“仕返し”が来る」
と言われたので、

「じゃあ私もイイ人になるように頑張ります。」と答えると、

「でもワタシ、そんなにイイ人でもないんだけどね。」と言うアムー。何てお茶目なんだ。

よく思うんだけど、「一度も嘘をついたことがない」とか「私は良い人だ」とか言う人に限って実はずるい人なんだよね。なのでこんな自然なアムーは素敵。


パーティに行こう、という気分で自転車で1時間かけて毎日このお店に来るという。いろんなお客様が訪ねてきて、自分も楽しいし、お客様も喜んで帰ってくれるのでこの仕事が楽しくて仕方がない、という。

ただ商品を買うという目的以外の“お金では買えない楽しみ”を体験できる、数少ないお店の一つだと思った。
しかもこのお店、アムー・ハッサン本人は全然宣伝していないのに、この私のようにブログや口コミでどんどん宣伝されて知られていくみたい。やっぱりお店の良さは人柄できまるよね~。

新しいお店なので、陳列棚など家具や備品も自慢気に説明してくれ、最後にはお金を払う際に「レジも便利だよ。領収書もボタン一つで出るよ。いりますか?」
と聞かれたので、ザクロジュースに領収書なんて必要ないんだけど、一応記念にもらっておいた。

便秘に効くいちじくやおまけで頂いたピスタチオ、美味しくてパクパク食べちゃったhappy02

Ca3c0108_2

イラン人経営のお店でもう一つとっておきの場所があるんだけど、そのお話はまた今度。
どちらも店名に“ダルビッシュ”とあるところがミソです。

ダルビッシュというと、あのイケメンの彼のことを連想するかと思うけれど、本来の意味を知りたい方は、今日のお店か、今度紹介するもう一つのダルビッシュのお店のご主人に聞いてみてください・・・
彼ら2人の個性にはちょっと共通する点があるかも。

◆ダルビッシュ・ショップ
中央区日本橋小伝馬町18-4上野ビル1階
TEL:03-6661-9848


◆イランのかわいい雑貨ショップ「ロイヤルバザール」やってます。→コチラ

|

« バチャータとムシカ・ロマンティカ | トップページ | チリの地震 »

コメント

先日、ダルビッシュショップにいきました。
同じくザクロジュースも買いましたよ(笑)

やっぱ人柄ってありますよね。
私はペルシャ語の勉強がてら&元気をもらえるので食材集めもかねて定期的に行ってます。

ハッサンおじさんは物知りなのでいろんな事が吸収できますよね。

投稿: alo-alo | 2010.03.03 08:46

>alo-aloさん
行きましたか!!

アムー・ハッサンはホント魅力的な人物ですよね。
次から次へと興味深いお話が繰り広げられますよね。

近々もう一人ダルビッシュがいるオススメのお店を紹介しなきゃwink

投稿: yaco | 2010.03.03 10:25

はじめまして。こんにちは。
デーツが好きで探していたら こちらのブログに
会えました。ダルビッシュショップに行ってきました!
勤め先が日本橋で、徒歩10分ほどのところにあり
うれしかったです。
ハッサンおじさんとも楽しくおしゃべりできて、
どっさりデーツとくるみ、カシューナッツを買い込んできました。
朝ごはんにつまむのが最近の習慣です。イラン、ペルシャ文化について知らなかったのですがいろいろ
勉強してみようと思います☆ 

投稿: pagi | 2010.06.02 13:09

>pagiさま

はじめまして。ブログを訪ねてくれてありがとうございます!
このブログ、元々キューバ・ラテンのネタで書こうと思ったのに、意外にも(!?)ダルビッシュショップを検索して訪れてくれる方がすごく多いんです。イランの食材ってけっこう人気なんですね。
我が家ではピスタチオとザクロジュースは欠かせません!

投稿: yaco | 2010.06.02 14:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549421/47677415

この記事へのトラックバック一覧です: リトル・イラン・イン・トーキョー ~小伝馬町のダルビッシュ~:

« バチャータとムシカ・ロマンティカ | トップページ | チリの地震 »