« 注目のキューバン・ジャズ新作 | トップページ | 音樂夜噺 竹村淳×太田亜紀 »

2010.01.31

キリムのお話

青山にある「グランピエ」という雑貨屋さんに行ってきました。
このお店は、アジア、中東、東欧、そして中南米など世界各国から集めたとっても興味深い雑貨たちが並ぶお店。

初めて訪れた時は、イラン製のぽってりした大きなボールを購入。

Ca3c0096 今日の戦利品はパキスタン製のミルクジャグ。カワイイ!このすすけた色といい、ホーローの感じといい・・・

しかもたったの500円!

前に訪れた時は気付かなかったけれど、2Fに絨毯のコーナーが。
行くと、イランのバザールのような雰囲気で絨毯がどばっと重ねられている。
店内に入ると、他に誰もお客さんもいなかったせいか、すぐに話しかけられた。
「イラン、トルコ、アフガニスタンなどのキリム、ギャッベなどありますよー」
彼本人が現地に買い付けに行っているらしい。

いつの間にか、多くの絨毯を見せてもらって、長話を聞いてしまった。イランの少数民族の話や、バザールのおじさんの話など・・・

で、今日得た豆知識は、イランの南方に暮らすバクティアリ族によるオールド・キリム。この民族は織物にかけてはかなりレベルの高い民族らしく、非常に独特なキリムを作っているらしい。元は遊牧の時に用いていた大きな袋だったという、バクティアリのキリム。
実は、私の家の玄関に敷いているのと同じタイプだ。バクティアリ族なんていう名前の民族が作ってたのか・・・知らなかった。

Ca3c0097

「持ってます」というのをなぜか言いそびれてしまい、バクティアリ族についての話を長々と聞いてしまった。

見せてもらったキリム、家にあるバクティアリよりもイイ色合いでかなり気に入った。

チャイまで頂いてしまい、買い付けの時の珍道中話を聞いてたら、私も行ってみたくなった!

今度のイラン探訪は少数民族ツアーをしてみたい、ぜひぜひ!!

|

« 注目のキューバン・ジャズ新作 | トップページ | 音樂夜噺 竹村淳×太田亜紀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549421/47443010

この記事へのトラックバック一覧です: キリムのお話:

« 注目のキューバン・ジャズ新作 | トップページ | 音樂夜噺 竹村淳×太田亜紀 »