« キューバからの便り | トップページ | 亀井大臣とモンド・キューバ。 »

2009.12.02

マヒマヒとちゃらんぽらん

先日、ハワイで「マヒマヒ」という魚のことを聞いて、あれ???と思った。

ペルシャ語では魚のことを「マヒ」という。これって何か関係があるのだろうか?

偶然だとしたらけっこうスゴい偶然。

ペルシャ語関連で、以前聞いてビックリした話を思い出したのだが、「ちゃらんぽらん」っていう言葉、なんとペルシャ語でもほぼ似たような言葉があるのだ。

charand-parand(チャラン・パラン/チャラン・ポラン)というペルシャ語、日本語のちゃらんぽらんとほぼ同じような意味で、“意味もない、くだらない”ことを指す。

まあ、偶然なのかもしれないが話のネタとして持っておいたらいつか役に立つかも、というちょっとした小話でした。

|

« キューバからの便り | トップページ | 亀井大臣とモンド・キューバ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549421/46920843

この記事へのトラックバック一覧です: マヒマヒとちゃらんぽらん:

« キューバからの便り | トップページ | 亀井大臣とモンド・キューバ。 »